Nスリープ プレミアム P2

超お買い得!Nスリープ プレミアム P1


お値段以上でおなじみのニトリ。
実際に見てみるとお値段相応だと感じる商品もありますが、ベッドのマットレスだけは違います。
特にニトリのオリジナルマットレスブランド「Nシリーズ」は、お値段と品質と寝心地を考えた場合かなりお買い得だといえます。

出来る限りリーズナブルに寝具を揃えたい、けれど寝心地にもこだわりたいっていう方にはとってもお勧めです。

今回はNシリーズのなかでもスタンダードなモデル、Nスリープ プレミアム P1の特徴と寝心地を見ていきます。


Nスリープ プレミアム P1の構造はどうなっているの?


まずは肝心のスプリングから。
Nスリープ プレミアム P1に使用されているスプリングはなんと2層のポケットコイル。


上段は線径が1.6mmとちょっと柔らかめのポケットコイルで、下段は身体を支えるために線径1.8mmの少し硬めのポケットコイルが入っています。
上段下段とも並行配列。一つ上のグレード「P2」では下段が交互配列ですが、「P1」は2だんともに並行配列が採用されています。


クッション材には綿のほかにソフトウレタンが3cm充填され、なんといっても最大の特徴はプロファイルウレタン(波型ウレタン)が入っていること。
このプロファイルウレタンを使用しているメーカーは多く、一般的に10万円以上するパイグレードモデルに充填されています。


ウレタンを波型にカットすることで、荷重を分散させるだけではなく、柔らかさも出すことができ、体圧分散性を高める効果が期待できます。

「Nスリープ プレミアム P1」レビュー


ちなみにニトリの「Nスリープ プレミアム P1」シングルサイズのお値段は39900円。
ニトリでは4万円弱のマットレスにプロファイルウレタンが使用されているのです。


しかもポケットコイルは2段式。
片面仕様(一応両面仕様を謳っていますが寝心地が異なるため実質片面仕様)ですから耐久性は不安ですが、4万円で耐久性抜群のマットレスもそうはありません。


寝心地は柔らかめですが、それは体圧分散性が高いということ。
このお値段では最高レベルの寝心地が体験できます。


問題はもう1万円だしてNスリープ プレミアム P2にするかどうか。
下段が交互配列になることとプロファイルウレタンが低反発に変わります。


より体圧分散力と身体を支える支持力は高くなり、寝心地と耐久性が向上します。
もちろん「P1」でも十分ですが気になる人は「P2」も試してみましょう。


同価格帯で更に良いおすすめのマットレスが「雲のやすらぎマットレス」

このニトリのNスリープ プレミアム P1を探している方なら、マットレスの予算は7-12万円前後(シングル)でしょう。


もちろん、このサイト的にはニトリのNスリープ プレミアム P1もおススメなんですが、実はもっともっとお勧めのマットレスがあります。


その名も「雲のやすらぎマットレス」。
なんと13層の詰め物を採用し、なんと27cmもの極厚マットレスなんです。
高反発タイプにも関わらず、ふっくらと優しい寝心地が魅力的です。

>>詳細はこちら


そして何よりも「腰痛&ヘルニアに最適」という最大の特徴があります。
これだけの寝心地、性能を秘めていて10万円以下で買えてしまうのは本当に驚きです。


ぶっちゃけシーリーやシモンズ、サータ・フランスベッドの20万円以上のマットレスクラスのポテンシャルを秘めています。


正直、10万円以下でマットレスを探しているなら「雲のやすらぎマットレス」がコスパ的には最も良いでしょう。



>>詳細はこちら


ニトリのマットレス一覧&おすすめマットレス





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. ベッドを処分する最も簡単な方法は
    ベッドの平均寿命は? ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。 ベッド…
  2. モットン
    高反発マットレス「モットン」の口コミは嘘? 最近マットレス業界の中で風雲児ともいえる高反発マッ…
  3. エアーSI
    表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」 日々のセルフケアを目的に開発され…
  4. ノンレム睡眠 レム睡眠
    睡眠に関する基礎知識がないと快眠することはできません 今回はベッドやマットレスの選び方とは関係…
  5. カーボラックス 西川
    ウレタン素材にカーボンを練り込んだ西川のムアツ布団 ムアツ布団は旅館に泊まった際に、とても寝心…
ページ上部へ戻る