不眠症 寝坊

ベッドに入って就寝態勢に入っても、なかなか寝付けない入眠障害


不眠症の症状は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害に大きく分けられますが、ベッドに入って就寝態勢に入っても、なかなか寝付けない症状のことを、入眠障害といいます。
入眠障害は、ベッドに入ってから約30~1時間以上眠れない場合と定義されています。


ただ、30~1時間以上寝付けない状態とまでいかなくても、ベッドに入ってもなかなか寝付けないという状態が1ヶ月以上継続しているという場合は、入眠障害であると考えていいと思われます。





81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

不眠の悩みを持っているという方の中で、入眠障害の症状は、とても多くの方に見られる症状となっています。


ある調査によれば、不眠症の患者の中の、約66.2%は入眠障害の症状を抱えていると報告されています。
また、入眠障害は精神的な要因によって発症するケースが多いためか、不眠症の他の症状である中途覚醒や早期覚醒等と比較すると、比較的若い年代の患者に発症するケースが多くなっています。


入眠障害が発症する原因として最も多くなっているのが、精神的な不安や悩み、ストレスです。


例えば、引っ越しや転職等の環境の変化や、大きな震災等の非常に衝撃的な出来事によって、不安やストレスがかかり、それが原因となって発症するというケースがあります。
ただし、これといって思い当たる事象がないのに入眠障害になってしまう、というケースも多くなっています。


そして、一度寝付けなくなると、この寝付けなくなったことが、さらなる焦りや不安を呼び、余計に入眠障害を悪化させてしまいます。

治療法として、まず、自律訓練法というものがあります。


このように精神的な不安や悩みが原因となって入眠障害が発症している場合、その対策として、まず、自律訓練法というものがあります。

自律訓練法とは、ドイツのシュルツさんという精神科医が開発した訓練法です。
一種の自己催眠のような方法となっていますが、それほど難しいというものではなく、誰でも簡単にできるテクニックとなっています。


そのため、少しトレーニングすれば誰でもできるようになり、かなりのリラックス効果が期待できます。
不眠症で悩んでいる方は、このようにリラックスした状態でベッドに入れば、睡眠が深くなり、安眠することができますので、一度、自律訓練法を試してみることをお勧めします。


次の対策としては、抱き枕を抱いて寝るというものがあります。


何かを抱いて寝ると、とても安心感を得ることができますので、抱き枕がなければ、それに代わるような抱けるものを一度抱いて寝てみてはいかがでしょうか。
次の対策としては、サプリメントを服用してみるというものです。

不眠症に効くとされているサプリメントには、リラックス効果があるグリシンやトリプトファンが含まれていますので、寝る前に服用すれば、リラックスした状態で入眠することができます。


入眠障害が発症する原因の2つ目としては、生活習慣の乱れ等がその原因となっているケースがあります。


例えば、就寝直前までパソコンを使用していたり、夜にカフェインを含んでいる飲み物を飲んでいたり、日々の起床時間がバラバラになっていたりということが生活習慣の乱れに該当します。

このような生活習慣の乱れが入眠障害の原因となっているケースにおいては、その生活習慣を改めることによって、入眠障害の症状が改善することがありますので、まず、自身の生活習慣を細かく見直すということが重要となります。


また、逆説性不眠症といい、自分の入眠障害を過大に評価してしまうというケースもあります。

この場合、寝付きが悪いと思っているのは自分だけであり、実際はそれほど寝付きは悪くありません。
また、実際の状態を自分で把握できれば症状は改善されるため、自分の出来る範囲で寝付くまでの時間を記録してみたり、家族に観察してもらって、客観的に評価してもらうのが良いと思います。


上記のような対策を行っても入眠障害の症状が改善されないという時には、他の病気等が原因となっている可能性も考えられます。
そのため、入眠障害の症状が何ヶ月も続いているというような場合には、睡眠外来等がある病院で専門医に診断してもらうのが良いと思います。

最先端の光り目覚まし時計で生活リズムを整えよう。

入眠障害の方はもちろん、日本の社会人はとにかく生活リズムが乱れがち。
生活リズムがバラバラだと睡眠の質が大幅に下がるだけではなく、それらが原因で記憶力や思考力が低下したり、攻撃的になったりします。

だからこそ、毎日決まった時間にスッキリと目覚めることが非常に重要なのです。
眠れない・・眠れない・・・と悩んで、いかに眠りやすくするかを悩むのはわかりますが、実は目覚めを良くして生活リズムを整える事が入眠障害には効果てきめんなのです。

そこでおすすめなのが、現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」です。

最新の研究では脳が完全に熟睡している時、大音量のアラームで飛び起きる事は過度なストレスを感じるとされています。

そこで、自然と同じように「光」で照らされて起きることで、眠気物質である「メラトニン」を減少させ、活力を上げる「セロトニン」を増加させて起きる事が推奨されはじめています。

現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」では、設定時間の30分前から光り始めていき、設定時間には2500ルクスの大光量を放ちます。もちろん設定時間にベルもなるので万が一、光で起きられなくても大丈夫です。

テレビやネットでも紹介され、楽天ではカテゴリランキング1位を獲得するほど売れに売れまくっています。

睡眠不足や、寝坊が多い方、睡眠の質で悩んでいる方には非常にお勧めの睡眠グッズです。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)








腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. リバーブル6000S
    シーリーとコラボしたリバーブル6000S ニトリのマットレス、リバーブル6000Sはニトリで販…
  2. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  3. 睡眠障害 女性
    過眠症とは、日中に過剰な眠気を感じたり、それによって日中に過度の睡眠をとってしまうことが、日々繰り返…
  4. ニトリ シーリー マットレス
    最も寝心地がよくお買い得なニトリオリジナルのユーロトップ仕様シーリーベッドマットレス ニトリで…
  5. 山本昌 マットレス モットン
    元プロ野球選手「山本昌」さん絶賛のモットンのマットレス 50歳まで1軍で現役を続けた山本昌さん…
ページ上部へ戻る