不眠症 原因 症状

中途覚醒とは、睡眠時間中に何度も目が覚めてしまう不眠症の症状の1つです。


人間は睡眠時に、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返していますが、中途覚醒はレム睡眠時によって浅くなっている睡眠のタイミングで目が覚めてしまう状態のこと指します。
ノンレム睡眠とレム睡眠は通常は90分サイクルで繰り返しているため、中途覚醒も90分サイクルで発生する可能性が高いと考えられます。


中途覚醒の中でも、治療が必要なものとされる診断基準としては、簡単な物音やトイレ等の外部のちょっとした刺激や内部的な原因によって、一晩に3回以上覚醒してしまい、この影響によって日常生活に支障が出て、さらにこの状態が1ヶ月以上続いている場合となります。





81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)


不眠症の患者の約3000人に対して行った調査によると、その中の約15%の患者がこの中途覚醒型の不眠症状に悩んでいるそうで、また、年齢が上がるに従って、このような中途覚醒の症状は発症しやすくなっている傾向があります。



中途覚醒は前述の通り、レム睡眠時の眠りが浅くなっている時に発生しやすくなっていますが、その一方で、このように睡眠が浅くなった時でも覚醒せずに眠り続ける人もいることから、睡眠の深度以外にも中途覚醒を発生させる原因があるということが考えられます。

その原因として考えられるのは、まず、年齢を重ねたことによる影響です。



人間の睡眠深度の深さは数段階に分かれているのですが、その睡眠深度は加齢とともに浅くなり、その結果、浅い眠りが増えるので、中途覚醒が発生する可能性はどうしても高くなっていきます。

次に、特定の生活習慣による影響があります。その具体例を挙げると、まず、寝る前の飲酒が挙げられます。
寝付きが悪い時に飲酒をしてからベッドに入ると、入眠しやすいのは事実です。


しかし、アルコールは分解する過程で、交感神経を刺激する作用を持つ「アセトアルデヒド」という物質を生み出します。

この「アセトアルデヒド」により交感神経が刺激されると、休息状態となっていた脳が覚醒してしまうため、夜中に覚醒やすくなり、その結果、中途覚醒の回数が増えることとなります。


また、夜遅くに食事をすると、胃の中に食べ物が残っている状態であるため、胃が消化活動を行っている最中に睡眠に入るということになります。
身体の一部である胃が活発に活動している状態での睡眠となるため、睡眠が浅くなり、中途覚醒が発生する可能性が高くなります。



次に、腰や肩、首等の痛みによって中途覚醒が発生する場合があります。


睡眠中に腰・肩・首等に負担がかかり、その腰・肩・首等の痛みによって中途覚醒が発生する場合、その痛みの原因は様々となっていますが、その1つとして寝具が原因という場合があります。
敷布団や枕等が経年劣化によって身体にフィットしなくなってしまったり、また、年齢を重ねることで今まで使用してきた寝具が合わなくなってしまうという事もあります。


次に、睡眠時無呼吸症候群にかかっていて、その影響によって中途覚醒が発生する場合があります。


睡眠時無呼吸症候群とは、1990年代から注目されてきた、睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、その影響によって脳が瞬間的に覚醒するという睡眠障害です。
この睡眠時無呼吸症候群によって中途覚醒が発生している場合、脳が覚醒してもすぐに再入眠するため、目が覚めたという自覚症状がありません。


しかし、前述の睡眠の90分サイクルのタイミングと、この睡眠時無呼吸症候群による無呼吸のタイミングが重なった場合、自身で自覚することができる中途覚醒が発生します。



最後に、周期性四肢運動障害にかかっていることによって発生する場合があります。


睡眠中にひじがすばやく動いたり、足がピクピクと動いたりする睡眠障害のことを、周期性四肢運動障害といいます。
この時の手足の動きのよって脳が覚醒し、中途覚醒が発生する場合がありますが、そのほとんどの場合において、本人は手足の動きによって中途覚醒が発生したとは自覚できなくなっています。

また、比較的若い世代である、30歳未満の世代においては周期性四肢運動障害の発症事例は少なくなっていますが、50歳以上の比較的高齢な世代になると、その発症事例は増えていきます。



睡眠の深度は、その日の身体の調子や疲労具合等によっても左右されるため、たまに夜中に目が覚めることがあっても、健康であるという場合も多くあります。
ただ、中途覚醒の状態が長く続いているという方は、この中途覚醒が発生した分だけ睡眠時間が削られているというのは事実です。


そのため、何らかの対策を取った方が賢明であるといえるでしょう。

最先端の光り目覚まし時計で生活リズムを整えよう。

中途覚醒の方はもちろん、日本の社会人はとにかく生活リズムが乱れがち。
生活リズムがバラバラだと睡眠の質が大幅に下がるだけではなく、それらが原因で記憶力や思考力が低下したり、攻撃的になったりします。


だからこそ、毎日決まった時間にスッキリと目覚めることが非常に重要なのです。

そこでおすすめなのが、現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」です。

最新の研究では脳が完全に熟睡している時、大音量のアラームで飛び起きる事は過度なストレスを感じるとされています。

そこで、自然と同じように「光」で照らされて起きることで、眠気物質である「メラトニン」を減少させ、活力を上げる「セロトニン」を増加させて起きる事が推奨されはじめています。

現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」では、設定時間の30分前から光り始めていき、設定時間には2500ルクスの大光量を放ちます。もちろん設定時間にベルもなるので万が一、光で起きられなくても大丈夫です。

テレビやネットでも紹介され、楽天ではカテゴリランキング1位を獲得するほど売れに売れまくっています。

睡眠不足や、寝坊が多い方、睡眠の質で悩んでいる方には非常にお勧めの睡眠グッズです。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. HAFSLO
    使い心地の良い家具の多かったIKEAでマットレスを購入することにしました。 結婚当初にネッ…
  2. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  3. リバーブル6000S
    シーリーとコラボしたリバーブル6000S ニトリのマットレス、リバーブル6000Sはニトリで販…
  4. カーボラックス 西川
    ウレタン素材にカーボンを練り込んだ西川のムアツ布団 ムアツ布団は旅館に泊まった際に、とても寝心…
  5. 不眠症 寝坊
    ベッドに入って就寝態勢に入っても、なかなか寝付けない入眠障害 不眠症の症状は、入眠障害、中途覚…
ページ上部へ戻る