アドバンスEサポート

張りのある感触で適度な硬さが特徴のマットレス「アドバンスEサポート」


ニトリのマットレス、アドバンスEサポートの価格は14,191円(シングル)です。
同じボンネルコイルスプリングを多く採用したマットレスのポルタ2と比較すると、約5,000円ほど高くなっています。
いったい何が違っているのでしょうか。

アドバンスEサポートの構造、寝心地は?


ボンネルコイルとは、一つ一つのコイルをらせん状に巻き、連結させているコイルで程よい反発、張りのある感触で適度な硬さが特徴となっています。
このボンネルコイルがマットレス面全体に配置されており、部分的な落ち込みを防いでいます。


アドバンスEサポートではこのコイルが338個使用されていますが、ポルタ2では294個しか使用されておらず、その点の違いがあります。

また、マットレス内部の詰物においては、ポルタ2ではマットレス上部にウレタンは10mmだけ詰められているだけであったのに対し、アドバンスEサポートではマットレス上下にウレタンが20mmと、ポルタ2の倍の量が詰められています。
これにより、ポルタ2よりマットレス表面はソフトな寝心地を実現しています。


ポルタ2より長期間使用することができるアドバンスEサポート


さらに、上下に同様の詰物が詰められているので、表裏両面を使用することができ、ポルタ2より長期間使用することができます。
製品の安全管理については、ポルタ2と同じく、品質管理担当部署にて、ニトリ独自の品質基準を策定し、製造品質の維持・向上に努めているようであるのは変わりません。


このようなコイル数や、マットレス内部の詰物の違いが、価格の差に表れていると思います。

コイル数の多さから、ポルタ2よりかための寝心地を求める方や、腰などになるべく負担をかけたくない方におすすめです。
また、両面使用できることから、ポルタ2より長持ちするマットレスを求めている方にもおすすめしたいです。

もっとお勧めな超優良コスパのマットレス「モットン」


ニトリのアドバンスEサポートも非常にコスパが良いのですが、更に超優良コスパのマットレスがあります。
その名も「モットン」。

ノンコイルのウレタンマットレスの為、耐久性も高く、メンテナンスもしやすいくなっています。

そして、何より特筆すべきが「腰痛に良い」という点です。

正直、ニトリのアドバンスEサポートよりも寝心地、コスパ的にもおすすめですね。






ニトリのマットレス一覧&おすすめマットレス





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. muji bed
    値段は手頃なのに、寝心地がとても良い所 女性、31歳です。使っているマットレスは無印良品のスプ…
  2. ノンレム睡眠 レム睡眠
    睡眠に関する基礎知識がないと快眠することはできません 今回はベッドやマットレスの選び方とは関係…
  3. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  4. 不眠症 原因 症状
    認知行動療法(CBT-I)が推奨されている不眠症の治療法 不眠症の治療では、その治療方針を決定…
  5. サータスーペリアデイ
    サータのポケットコイルマットレス「サータスーペリアデイ」 全米ホテルベッドシェアNo.1ブラン…
ページ上部へ戻る