睡眠障害

睡眠不足とは、日々の睡眠が十分でなく、よく眠れていない状態のことをいいます。


ただ、睡眠には人によってかなり個人差や個性があるため、睡眠不足かどうかは、睡眠時間が長いか短いかだけで単純にあらわすということはできません。
そのため、睡眠時間の長短にかかわらず、集中力の低下等の睡眠不足の影響によると思われる症状が自覚症状として現れていれば、睡眠不足であるといえます。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)


また、その自覚症状が漠然としたものであっても、自分の睡眠において何らかの不満があったり、睡眠が十分でないと感じる場合においては、睡眠不足である可能性があります。
特にその中でも、睡眠時間を多く確保しているのに睡眠が十分でないと感じている方は、睡眠の質が悪くなっているということが考えられます。


このような場合では、何らかの睡眠障害や、「かくれ不眠」であるという可能性が考えられます。


あらゆる日常生活の面でおいて、多くの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。


睡眠不足の状態になると、起床後においても交感神経系が十分に活性化しないため、判断力や集中力が低下し、この判断力や集中力が低くなっている状態では、あらゆる日常生活の面でおいて、多くの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。


また、睡眠不足になってしまうと、身体と脳の疲れを十分に解消するということができなくなってしまうため、起床後も筋肉の疲労が回復せず、疲労感を感じたり、脳が疲労感や倦怠感を感じやすくなったりします。
また、睡眠不足になると、眠ることによって解消できていたストレスが解消出来ずに、どんどん溜まっていくようになります。



ストレスが溜まると、血圧や心拍数が上がって高血圧気味になったり、下痢や便秘の症状が起こりやすくなったりします。


さらに、睡眠不足が慢性化していってしまうと、うつ病や不眠症等を発症する可能性が高くなります。
その他、睡眠不足によってストレスが溜まると、細胞を傷つける活性酸素が体内に発生しやすくなり、老化が進み、目の下にクマができたり、肌のシワが増えたりしやすくなってしまいます。


また、睡眠不足の状態では、オキシトシンやフェニルエチルアミンという物事の洞察力や観察力、共感性などに作用するホルモンの働きを阻害してしまいます。
このホルモンの働きが阻害されると、例えば話し相手の口調や声、表情等から相手の考えている事を読み取るということが難しくなるため、人とのコミュニケーションが取りにくくなります。


さらに、睡眠不足になると、食欲を増進させるグレリンという物質の分泌が増えるため、太りやすくなってしまう可能性が考えられます。


このように悪影響を及ぼす睡眠不足の原因として、まず、カフェイン、アルコール、タバコを多く摂取しているということが考えられます。
カフェインが眠気を覚ますというのは良く知られていますが、アルコールも体内で分解され始めるとアセトアルデヒドという毒素を発生し、交感神経を刺激するため、眠りが浅くなってしまいます。

また、タバコを吸うと体内の血管の収縮が起き、血圧が上昇して心拍数が上がるため、体が運動をした時と同じ状態になってしまいます。


次に、寝る前にパソコンやスマホを使用すると、脳を活性化させてしまうため、睡眠不足の原因となります。


また、パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは、眠気を誘う睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制してしまうため、睡眠の質を下げてしまうことになります。

さらに、人間は起きた時間から体内時計が働き、その約17時間後から眠気を誘う睡眠ホルモンが分泌され始めるため、この睡眠ホルモンの分泌が始まっていない状態で寝たとしても深い眠りにはつけません。


したがって、体内時計に合わせて、規則正しい生活リズムを送るということが睡眠不足解消のための秘訣となります。
上記のような、睡眠不足の原因となるものを排除するようにし、睡眠の質を向上させ、睡眠不足を解消していくようにしましょう。


最先端の光り目覚まし時計で生活リズムを整えよう。

睡眠不足の方はもちろん、日本の社会人はとにかく生活リズムが乱れがち。
生活リズムがバラバラだと睡眠の質が大幅に下がるだけではなく、それらが原因で記憶力や思考力が低下したり、攻撃的になったりします。

だからこそ、毎日決まった時間にスッキリと目覚めることが非常に重要なのです。

そこでおすすめなのが、現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」です。

最新の研究では脳が完全に熟睡している時、大音量のアラームで飛び起きる事は過度なストレスを感じるとされています。

そこで、自然と同じように「光」で照らされて起きることで、眠気物質である「メラトニン」を減少させ、活力を上げる「セロトニン」を増加させて起きる事が推奨されはじめています。

現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」では、設定時間の30分前から光り始めていき、設定時間には2500ルクスの大光量を放ちます。もちろん設定時間にベルもなるので万が一、光で起きられなくても大丈夫です。

テレビやネットでも紹介され、楽天ではカテゴリランキング1位を獲得するほど売れに売れまくっています。

睡眠不足や、寝坊が多い方、睡眠の質で悩んでいる方には非常にお勧めの睡眠グッズです。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)






腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. モットン
    高反発マットレス「モットン」の口コミは嘘? 最近マットレス業界の中で風雲児ともいえる高反発マッ…
  2. 夏向き夏用マットレスの選び方
    夏・梅雨でも寝る時ぐらいはリラックスして快眠したい 梅雨時期は暑い上にどうしても湿気が多く…
  3. ニトリ シーリー マットレス
    最も寝心地がよくお買い得なニトリオリジナルのユーロトップ仕様シーリーベッドマットレス ニトリで…
  4. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  5. 睡眠障害
    若い成人、または青年期の段階で発症することが多い過眠症とは? 過眠症とは、睡眠時間を多くとって…
ページ上部へ戻る