不眠症 原因

なかなか入眠することができない早朝覚醒


早期覚醒とは、起床したい時刻よりも早い時刻に目が覚めてしまい、再度、入眠しようと思ってもなかなか入眠することができない症状であり、不眠症の症状の1つです。
自分が希望している起床時刻より2時間以上早くに目が覚め、また、目が覚めたあとに再び眠りにつくことができないという2つの症状が週2回以上発生し、そのような症状が1ヶ月以上継続した場合は、早期覚醒と診断される可能性が高くなります。



早朝覚醒が発症する原因としては、まず、身体の体内時計のサイクルが短くなっているということが考えられます。


人間の身体の体内時計は、夜になると自然に眠くなり、朝になると目が覚めるという基本的な睡眠のリズムを形成しています。
この体内時計のサイクルは24時間10分~25時間くらいとされていますが、このサイクルは年齢を重ねることによって短くなるため、このサイクルがもし、24時間よりも短くなってしまえば、朝、目が覚める時刻が早まることになります。

特に早期覚醒の症状が発生している方で、夜、眠りにつく時間も早いという方は体内時計のサイクルが短くなっていることによって、早期覚醒の症状が発生している可能性が高くなります。





81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)

次に、睡眠全般において、慢性的に浅い眠りになっているということが考えられます。


人間の睡眠深度には、数段階の深さがあり、通常の睡眠のリズムでは、眠り始めの3時間に深い睡眠が出現します。
そして、その時間に、身体や脳の疲労の大部分を癒していると考えられています。


しかし、何らかの影響により、この眠り初めの深い睡眠が浅くなってしまうと、真夜中や早朝に目が覚めやすくなってしまい、これが何回も発生し、長期間続くようになると、早期覚醒の症状の発生につながっていきます。
この眠り初めの深い睡眠が浅くなる原因は、いろいろな原因が考えられるのですが、早期覚醒の症状に一番大きく関係しているとされているのが、加齢の影響と考えられています。

年齢を重ねて、だいたい40歳代以降になると、自然と眠りが浅くなりますが、これは男女の性別等に関係なく、誰にでも発生する現象ですので、どうしようもありません。



最後に、精神的な不安やストレス、うつ病によって早期覚醒の症状が発生しているということが考えられます。


早期覚醒の症状が長期間続いてしまっている場合、不安やイライラ等の精神的なストレスが許容量を超えてしまっていることが考えられ、さらには、うつの傾向若しくは既にうつ病を発症しているという可能性も考えられます。
ほとんどのうつ病患者は不眠の症状を訴えるぐらい、不眠症とうつ病の関係は深いものとなっていますが、うつ病の患者が不眠で訴える症状で多くなっているのが、早期覚醒の症状となっています。


うつ病の患者の不眠症状に早期覚醒の症状がみられることが多いことから、早期覚醒の原因が精神的なものであることも多くなっており、例えば、人間関係や仕事等で不安なことがあると、それが気になってしまい、朝早くに目が覚めてしまうという経験は、誰でもあると思います。


このように、何らかの不安やストレスを抱えている場合、それを意識していなかったとしても、睡眠が浅くなり、早朝に目が覚め、その後もストレスや不安から身体がリラックスできないため、もう一度寝ようとしても、眠れなくなってしまいます。


早期覚醒の症状を改善するには、まず、高照度光療法という治療法があります。


これは、2500ルクス以上の、直視するとまぶしいレベルの光を浴びるという治療法です。
このような強い光には、人間の体内時計のリズムを調整する作用があり、だんだん眠くなってくる夕方くらいの時間帯に、この高照度の光を浴びるようにすれば、体内時計のリズムを時間的に後ろにずらすという事が可能になります。


体内時計のリズムを後ろにずらせば、体内時計のサイクルを伸ばすことになるので、体内時計のサイクルが短くなったことで早期覚醒の症状が発生したという方には改善の効果が期待できます。

ただし、この高照度光療法という治療法を行うには、専用の機器が必要であり、その治療費も高額となってしまうことから、気軽に治療法を試すということができないという欠点があります。

また、早期覚醒の症状を改善するには、寝室環境の改善も重要です。


例えば、カーテンの隙間から朝日が差し込んでいたりするのであれば、遮光カーテンを使用して朝日の差し込みを防ぐようにしましょう。
また、枕やベッド等の寝具を見直し、腰や首等の痛みで目が覚めないように気を付けましょう。


最後に、慢性的に眠りが浅く、その影響によって早期覚醒の症状が発生しているという方は、睡眠が浅くなる要因を1つずつ消していくというのが効果的です。
例えば、就寝直前のアルコールを控える、運動不足に心当たりがある場合は、ある程度身体が疲れるくらいの運動をするようにする等です。


特に運動に関しては、年齢を重ねれば重ねるほど、なかなか続けるのが難しくなりますが、ジョギングや踏み台昇降等のリズム感のある運動は脳内物質のセロトニンを増やします。


このセロトニンは、夜になる睡眠ホルモンであるメラトニンに変化するため、睡眠深度を深める効果が期待でき、その結果、早期覚醒を改善することができます。
特に40歳代を超えている方で、眠りが浅くなってきたことを自覚している方には、特にこのジョギングや踏み台昇降等のリズム感のある運動の実施をおすすめします。

最先端の光り目覚まし時計で生活リズムを整えよう。

早朝覚醒の方はもちろん、日本の社会人はとにかく生活リズムが乱れがち。
生活リズムがバラバラだと睡眠の質が大幅に下がるだけではなく、それらが原因で記憶力や思考力が低下したり、攻撃的になったりします。

だからこそ、毎日決まった時間にスッキリと目覚めることが非常に重要なのです。

そこでおすすめなのが、現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」です。

最新の研究では脳が完全に熟睡している時、大音量のアラームで飛び起きる事は過度なストレスを感じるとされています。

そこで、自然と同じように「光」で照らされて起きることで、眠気物質である「メラトニン」を減少させ、活力を上げる「セロトニン」を増加させて起きる事が推奨されはじめています。

前述のとおり、早期覚醒の症状を改善するには、まず、高照度光療法という治療法が非常に有用ですが、この専用機が非常に高いのがネックでした。
しかし、この「光目覚まし時計inti(インティ)」であれば今までとは比較にならないリーズナブルな価格で高照度光療法を行えます。

現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」では、設定時間の30分前から光り始めていき、設定時間には2500ルクスの大光量を放ちます。もちろん設定時間にベルもなるので万が一、光で起きられなくても大丈夫です。

テレビやネットでも紹介され、楽天ではカテゴリランキング1位を獲得するほど売れに売れまくっています。

睡眠不足や、寝坊が多い方、睡眠の質で悩んでいる方には非常にお勧めの睡眠グッズです。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 不眠症 症状 男性
    不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。 …
  2. やわらかめの硬さのテンピュールマットレス NASAの公式認定を受けた唯一のマットレス・ピローブ…
  3. air01
    深く上質な眠りをサポートする西川のAir01シリーズ さまざまな角度から眠りを研究して開発され…
  4. フィルザ2
    女性、31歳、使っているマットレス・ベッドのブランドはニトリです。 マットレスは連続コイル、マ…
  5. ベッドにするメリット
    評判が良すぎる?高反発マットレス「モットン」とは? 身体を高い反発力で支え、自然な寝返りをサポ…
ページ上部へ戻る