不眠症 症状 男性

不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。


不眠症は、何らかの医学的な症状や兆候といったものがあらわれる、精神学的または医学的な障害であると考えられています。
不眠症においては、起床中にも機能障害が続いていることが一般的です。


また、不眠症はどの年代においても発症しますが、高齢者と女性に多く発症する傾向があり、日本では特に高齢者における発症が顕著となっていて、60歳以上の高齢者の約3人に一人が不眠症に悩んでいるといわれています。





81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)



不眠症は、原発性不眠症、二次性不眠症、もしくはこの2種類が両方発症している状態に分類されます。


原発性不眠症とは、環境的や精神医学的、または医学的に原因がない睡眠障害で、二次性不眠症とは、精神障害、身体疾患、薬物の使用にその発症原因がある睡眠障害です。


不眠症の具体的な症状としては、まず、入眠障害があります。


この症状は、夜になってベッドに入り就寝状態を整えても、いつまでも入眠することができない状態であり、しばしば不安の症状も併発します。
ただ、日照時間にまで睡眠時間帯が遅れてしまっていることが原因で発症する睡眠相後退症候群と誤診されてしまうことも多いようです。


次に睡眠維持障害という症状があります。


この症状は、入眠することができても真夜中に目が覚めてしまい、その後は再び入眠することができないという、中途覚醒の症状です。
この中途覚醒の状態から、睡眠に戻りにくいという入眠困難の症状が発生することも多くなっており、この睡眠維持障害を発症している方々の約3分の2は真夜中に目覚め、その半数以上は睡眠に戻れません。


次に、早朝覚醒という症状があります。


この症状は入眠することができても、早朝に目が覚め、再度入眠することができなくなってしまいます。

この症状では、入眠からの合計の睡眠時間が約6.5時間に達する前に、その時間より30分以上早く目が覚めてしまい、その後は睡眠に戻るということができなくなります。
この症状は、うつ病において多くみられます。

最後に、熟眠障害という症状があります。


この症状では、睡眠時間を十分に確保しているにも関わらず、十分に眠ったと感じることができない状態となります。
その他、不眠の種類としては、不眠症の症状が1日〜数日間続く一過性不眠症、症状が数日〜約3週間程度続く短期不眠症、症状が1ヶ月よりも長く続く長期・慢性不眠症に分けられます。


不眠症を発症する原因は人によって様々となっているため、その原因によって生活習慣の見直しを行えば改善される場合や、医師による治療が必要となる場合と、対処方法も様々となります。
不眠症を発症する主な原因としては、まず、心理的原因があります。


これは、例えば、仕事上の問題や家族・友人の死等の何らかのストレスによって発症する不眠です。
この原因による不眠症においては、不眠症が発症した前後の出来事等を詳しく解析することで、心理的ストレスの原因が明らかになり、不眠が改善される可能性があります。


次に、身体的原因による不眠症があり、これは身体の病気や症状が原因で発症する不眠症です。


例えば蕁麻疹や湿疹等の痒みを伴う疾患や、関節リウマチや外傷等の痛みを伴う疾患、その他、花粉症や喘息発作、頻尿等によっても不眠症が発症するケースがあります。
この身体的原因による不眠症では、身体的な病気や症状を治療することにより、不眠が改善される場合があります。


次に、精神医学的原因による不眠症があります。


神経や精神の病気では、その症状に不眠を伴うことが少なくなく、その中でも不安と抑うつは不眠になりやすいとされています。
慢性的な不眠症においては、その3分の1から半数程度において、何かしらの精神医学的な疾患を持っているといわれているので、落ち込んだり憂鬱な気分が持続する場合においては注意が必要であり、もしもうつ病であった場合は、専門の医師に相談する必要があります。



次に、薬理学的原因による不眠症があり、この不眠症は服用している薬や、ニコチン、カフェイン、アルコール等が原因で発症します。
この薬理学的原因となりえる代表的な薬としては、ステロイド、中枢神経・自律神経に働く薬、抗がん剤等が挙げられます。


改善には服用している薬の効用の確認、また、日常生活における喫煙、カフェイン摂取、飲酒等の習慣がないか等を見直す必要があります。


最後に、生理学的原因による不眠症があり、これは睡眠を阻害する環境によって発症する不眠症です。

例えば、仕事の勤務シフトの変更や受験勉強等による生活リズムの昼夜逆転や、出張や海外旅行等による時差ボケ等によって、日常の生活サイクルが著しく変化すると、睡眠する機能が低下し、入眠が妨げられるという場合があります。

このような不眠症の場合は、就寝前に照明を落とす等、少しでも入眠しやすい住環境をつくるようにし、心と身体がリラックスできるようにすることが必要となります。


不眠症は、このような原因によって発症しますので、もし心当たりがある原因があったならば、早めに改善し、不眠症を予防するようにしましょう。


最先端の光り目覚まし時計で生活リズムを整えよう。

不眠症の方はもちろん、日本の社会人はとにかく生活リズムが乱れがち。
生活リズムがバラバラだと睡眠の質が大幅に下がるだけではなく、それらが原因で記憶力や思考力が低下したり、攻撃的になったりします。

だからこそ、毎日決まった時間にスッキリと目覚めることが非常に重要なのです。
寝よう寝ようと頑張る前に、毎日なんとか決まった時間に起きるように努力していくことがおススメです。


そこでおすすめなのが、現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」です。

最新の研究では脳が完全に熟睡している時、大音量のアラームで飛び起きる事は過度なストレスを感じるとされています。

そこで、自然と同じように「光」で照らされて起きることで、眠気物質である「メラトニン」を減少させ、活力を上げる「セロトニン」を増加させて起きる事が推奨されはじめています。

現代最強の目覚まし時計と言われる「光目覚まし時計inti(インティ)」では、設定時間の30分前から光り始めていき、設定時間には2500ルクスの大光量を放ちます。もちろん設定時間にベルもなるので万が一、光で起きられなくても大丈夫です。

テレビやネットでも紹介され、楽天ではカテゴリランキング1位を獲得するほど売れに売れまくっています。

睡眠不足や、寝坊が多い方、睡眠の質で悩んでいる方には非常にお勧めの睡眠グッズです。




81%の人が朝が楽になったと回答した光目覚ましinti(インティ)





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 睡眠障害
    若い成人、または青年期の段階で発症することが多い過眠症とは? 過眠症とは、睡眠時間を多くとって…
  2. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  3. 不眠症 原因 症状
    中途覚醒とは、睡眠時間中に何度も目が覚めてしまう不眠症の症状の1つです。 人間は睡眠時に、ノン…
  4. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
  5. ノンレム睡眠 レム睡眠
    睡眠に関する基礎知識がないと快眠することはできません 今回はベッドやマットレスの選び方とは関係…
ページ上部へ戻る