ゴールデンバリューの寝心地は?口コミや評判の紹介【シモンズ】

ゴールデンバリューの特徴

シモンズのオーソドックスなモデル「ゴールデンバリュー」


シモンズにはゴールデンバリューが2つありますが、今回ご紹介するのはシモンズの通常カタログにでているほうのゴールデンバリュー。
ちょっと前はゴールデンバリュープレミアムという商品名だったモデルです。

シモンズベッドの中でも最もポピュラーなモデルで、多くの量販店で見かけることでしょう。
固めの寝心地を求めるならば必ずと言って良いほど選択肢に上がるマットレスですね。

ゴールデンバリューには6.5インチのポケットコイルが並行配列で入っています。
余談ですがシモンズは通気性を考慮して並行配列を採用しています。
そして重要なのがコイル線径。
ゴールデンバリューは1.9㎜でやや硬めのポケットコイルです。

ゴールデンバリューの特徴は?


シモンズではこのゴールデンバリューが基準になるマットレスで、最もオーソドックスなモデルです。シモンズのベッドを検討しているならニューフィットとゴールデンバリューの違いだけは覚えておいてください。違いはポケットコイルの線径だけです。



あとは問題なのがクッション材です。
ゴールデンバリューのクッション材は薄いウレタンが2枚にポリエステル綿が入っています。

このグレードだとシモンズではあまりクッション材は多くありません。
サータやシーリーと比較するとシモンズはクッション材が少ないのです。


逆に言えばクッション材に頼らずポケットコイルの品質を追究しているメーカーだと言えます。


今ではシモンズもハイグレードモデルだとかなりのクッション材をいれるため、このクッション材に頼らないという評価は非常に難しいところです。

また、表生地ですが、タック&ジャンプキルトで伸縮性に富んだニット生地で肌触りはなかなかです。クッション材が少ない割にフィット感の高い生地が使われています。

ちなみにゴールデンバリューのお値段はシングルサイズで167400円。多少の割引は期待できます。

ゴールデンバリューの寝心地は?


気になるゴールデンバリューの寝心地ですがやはり硬めの感触
エクストラハードほどガチガチに硬いわけではありませんが、あまりフィット感はありません。ニューフィットよりコイル線径が太いため体格のよい男性向きですが、予算があるなら、よりフィット感の高いゴールデンバリューピロートップがおすすめです。






腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. リュクスユーロトップ
    シモンズおすすめのマットレス「リュクス ユーロトップ」 数あるシモンズのマットレスのなかで、最…
  2. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  3. エアーSI
    表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」 日々のセルフケアを目的に開発され…
  4. ベッドを処分する最も簡単な方法は
    ベッドの平均寿命は? ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。 ベッド…
  5. muji bed
    今年こそは洋室で寝たいと思い、思い切って寝室の場所を変更しました。 理由は、以前まで畳のあ…
ページ上部へ戻る