夏向き夏用マットレスの選び方

夏・梅雨でも寝る時ぐらいはリラックスして快眠したい



梅雨時期は暑い上にどうしても湿気が多くなってしまうため、寝苦しい夜が続いてしまいます。
寝る時ぐらいはリラックスして快眠したいというのが誰もが望むことですよね。

ムシムシジメジメした中で眠るのは最悪の一言。
睡眠の質は大幅に下がり、熟睡を妨げてしまい、快眠することはできません。


というのも実は湿気が快眠を妨げていることが最近の研究で分かってきています
ということは暑がりの人や汗っかきの人は、マットレスの選び方には注意するべきなのですが、正直まだ夏用のマットレスというのは販売されていないのが現状です。
当然のことながら、夏と冬で衣替えのようにベッドを入れ替えるなんて人はいませんから。

ただ、汗っかきの人でも無理なく快眠を期待できる方法がありますので、ご紹介していきたいと思います。

大事なのはマットレスの通気性


まず重要なのは、通気性に優れたマットレスを使用すること。
そのためには、低反発はいくら体圧分散性が優れているとは言われていても、どうしても蒸れやすく、不快感を感じてしまいがちです。

枕ですらじめじめして寝にくいという意見もあるほどですからマットレスだともっと悲惨なことになってしまいます。
真夏の寝室でクーラーを付けることに抵抗がないようであれば低反発マットレスもおすすめすることができますが、そうでなければやめておくのが無難です。

低反発マットレスは通気性はNG


低反発に関しては、各社通気性がよく、蒸れにくいことを強調してはいるのですが、もし暑いと感じてしまえば取り返しがつかなくなってしまうので、あえてチャレンジする必要はないのではないでしょうか。
ですから、通気性に優れたスプリング系のマットレスがおすすめです。


また、グレードが高いフィット感の高いベッドの場合は、身体が沈み込むので体圧分散性に優れ寝心地はよくなることが期待できますが、その分、どうしても身体に触れる表面積が多くなってしまうので、多少は暑さを感じてしまうでしょう。
でもだからといって硬くてリーズナブルなマットレスを選ぶことは本末転倒です。

プラスアルファの寝具で過ごしやすい夜に


そこで便利なのが、冷感ジェルパッド。
もしくは涼しい素材のベッドパッドを敷くことです。


つまりマットレスではなく敷きパットを工夫して暑さや湿気を軽減させるのです
さすがに温度変化で硬さが変わってしまう低反発はあまり向いていないかもしれませんが、夏は暑そうだからといって、フィット感の高い体圧分散性に優れたマットレスを敬遠する必要性はありません。


まずは暑さや湿気のことは考えず、快眠することができるマットレスを選ぶこと。
そのあとで夏の暑さや湿気の対策を敷きパッドやベッドパッドなどのマットレス以外の部分で考えましょう。






腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 不眠症 症状 男性
    不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。 …
  2. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  3. 30歳女性です。現在使用しているのはモットンのモットンシングルで夫婦共に愛用しています。 以前…
  4. ニトリ シーリー マットレス
    最も寝心地がよくお買い得なニトリオリジナルのユーロトップ仕様シーリーベッドマットレス ニトリで…
  5. エアーSI
    表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」 日々のセルフケアを目的に開発され…
ページ上部へ戻る