カビ対策

とってもカビが生えやすいマットレス


梅雨時期になるとどうしても気になってくるのは、カビのことですよね。
お風呂から食品までカビはあらゆる場所に発生します。

なかでもマットレスは、カビが生えやすいので、十分に注意が必要です。
大げさなように聞こえるかもしれませんが、実はマットレスはカビの温床になりかねないのです。

ddle”>人は一晩で約200mlの汗をかくと言われています。


毎日寝ている間にコップ一杯分の汗をかいているのです。
意外と多いと感じますよね。


そうです。
毎日毎日コップ一杯ぶんの汗をマットレスに流し込んでいるのです。
この毎日溜まっていく汗こそが、カビを発生させる原因です。


カビが発生する条件は、高い温度と過剰な湿気です。
梅雨時期は特にこの状態が続きます。


温度に関してはクーラーなどの空調以外での調節方法がないので、できるだけ湿気を溜めないこと。
つまり汗をにがすことが大切です。

マットレスから湿気を逃がす方法は



マットレスの汗をにがすために、定期的にマットレスを立てかけるなどの工夫が必要です。
特にポケットコイルマットレスの場合やウレタンだけのマットレスなどは、中身がカビてしまう恐れがあるので、まめに風通しのよいお部屋でマットレスを立てかけて汗を抜きましょう


また、湿気を溜めない手段として、晴れた日は窓をあけて、しっかりお部屋全体を換気しましょう。
最近の間取りはリビングを南側にする傾向が多く、そのため寝室が北向きの部屋になってしまいがちです。


そのため、寝室は日当たりが悪くなり、どうしても湿気がこもりやすくなってしまいます。
できるだけお部屋全体も風通しをよくしておくことが大切なのです。


カビ対策はベッドフレームの選び方でも重要


また、カビ対策はベッドフレームの選び方でも重要になってきます。
引き出し付きベッドフレームなどの下が空いていないベッドフレームは、特に湿気がこもりやすくなります。


引き出しのなかに汗が溜まり、湿気の逃げ場がないためマットレスにこもりがちです。
共働きで日中に換気することが難しい場合は、湿気が逃げやすい足付きのベッドフレームを検討してみましょう。



この様にマットレスでのカビの発生は寝室の環境とベッドフレームの形状によって変わってきます
何も対策をしなければマットレスにカビが発生することはあります。

万が一カビが生えたマットレスで寝てしまったら・・・・多種多様な悪影響が発生します。
最悪の場合、カビが体内に侵入してしまい大きな病気になることも。

そうならなくとも、身体の調子を著しく下げてしまい、健康に多大な影響を与えることでしょう。


そうならないように日常からしっかりと対策をしていきましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. ボディドクターR
    100%天然素材の高品質ラテックスを使用したボディドクターのスタンダードモデル 「ボディドクタ…
  2. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  3. 睡眠障害 女性
    過眠症とは、日中に過剰な眠気を感じたり、それによって日中に過度の睡眠をとってしまうことが、日々繰り返…
  4. ポケットコイルマットレスの特長は、高い体圧分散力と揺れが少ないこと はじめに、ポケットコイルっ…
  5. muji bed
    値段は手頃なのに、寝心地がとても良い所 女性、31歳です。使っているマットレスは無印良品のスプ…
ページ上部へ戻る