マニ・スポーツの寝心地と口コミや評判は?【マニフレックス】

マニ・スポーツ

マニフレックスのスタンダードモデルのなかで最も硬めの寝心地なのが、マニ・スポーツ


アスリートや硬めのマットレスが好みの人におすすめとホームページに書いてありますが、このマニ・スポーツは「超ハード」と「体圧分散」の2つがテーマになっているようです。
実際にマニ・スポーツに寝てみると、確かにかなり硬めの印象を受けます。

問題なのは果たして本当に体圧分散性があるのかということ。
硬いということは身体の凹凸には沿いにくいため、本来なら体圧分散性は損なわれます。
一般的に体圧分散力を高めるためには多少なりとも柔らかくしなければならないところですが、マニ・スポーツにはそのあたりの説明はありません。


例えば体重が100kgもあるアスリートなら、体重でマットレスを押せるため、身体の凹凸に沿いやすく体圧分散性はあるのかもしれません。
ただ一般的な体重の人の場合はなかなか身体には沿わないため、部分的な圧迫を受け寝返りの原因となってしまうことが考えられます。


このあたりはメーカーもなんでもかんでも体圧分散性に優れているとは書かないで欲しいところです。
お値段の割に優れているのか、どのモデルと比べているのかは知りたいですよね。
せめて推奨体重くらいは書いてくれないと消費者が無駄に迷うことになります。


アスリートじゃなければ違うモデルを


というわけでアスリートではない一般的な体格の人はマニフレックスでマットレスを選ぶなら、マニ・スポーツではなくモデル246等、もう少し柔らかめのマットレスを選ぶようにしましょう

もちろんマットレスはガチガチに硬くないとダメだという、ガチガチの頭の人にはマニ・スポーツがおすすめです。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. muji マットレス
    無印良品の脚付マットレスは良コスパ!! 脚付マットレスで合わせるパーツによってはこれはベッドに…
  2. ベッドを処分する最も簡単な方法は
    ベッドの平均寿命は? ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。 ベッド…
  3. モットン
    高反発マットレス「モットン」の口コミは嘘? 最近マットレス業界の中で風雲児ともいえる高反発マッ…
  4. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  5. 睡眠時間
    日本人の近年の平均睡眠時間をみてみると、年々減少傾向にあります。 理想の睡眠時間として「1日8…
ページ上部へ戻る