エア・メッシュの寝心地と口コミや評判は?【マニフレックス】

マニフレックスのマットレス エア・メッシュ

マニフレックスの弱点を克服したマットレス、それがエア・メッシュ


マニフレックスのマットレスを探していて、5万前後の予算があるなら最もおすすめのマットレスかもしれません。
というのは、マニフレックスの弱点の一つが通気性、つまり吸湿性と発散性にあるからです。

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれていますが、マニフレックスのようなウレタン系のマットレスはどうしても汗が溜まりやすく、しかも発散性に乏しいため湿気がこもってしまうという弱点があります。
今では改良されているとはいえ、通常のスプリングマットレスより劣るのは事実でしょう。


ただ、このマニフレックスのエア・メッシュはノンコイル系のマットレスが持つ致命的な弱点、通気性の悪さを克服しているのです。
エア・メッシュの側生地にはエアサーキュレーションメッシュと呼ばれる、通気性抜群の素材が使用されています。


マニフレックスの芯材に使用されているエリオセルという高反発素材は、ある程度は吸湿発散性がありますが、その機能を側の生地が最大限引き出してくれるのです。
正直この商品はマニフレックスのなかで最も重要だったと思います。


以前にQVCなどでもマニフレックスが販売されていましたが、その時にあった説明のなかで、2週間に一度は立てかけてくださいというのがとても印象的でした。
つまり、通気性が悪いので干してくださいということですよね。

ウレタンだけのマットレスですから仕方ないのですが、そこにどうしても抵抗があったことは事実です。
恐らくマニフレックスの通気性に疑問を感じていた人は少なくないと思います。


その疑問を解消してくれたのがエア・メッシュであり、この商品はかなり画期的でした。

気になる肝心のエア・メッシュの寝心地は?


寝心地はちょっと硬めですが、この価格にしては決して悪くありません。
耐久性は抜群で、通気性もかなり改善されています。


マニフレックスのマットレスでお悩みなら、エア・メッシュを検討してみましょう。
もちろんもっと予算があるならラグジュアリーシリーズと比較してみてください。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  2. air01
    深く上質な眠りをサポートする西川のAir01シリーズ さまざまな角度から眠りを研究して開発され…
  3. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
  4. 不眠症 原因 症状
    中途覚醒とは、睡眠時間中に何度も目が覚めてしまう不眠症の症状の1つです。 人間は睡眠時に、ノン…
  5. リバーブル6000S
    シーリーとコラボしたリバーブル6000S ニトリのマットレス、リバーブル6000Sはニトリで販…
ページ上部へ戻る