快眠のコツ!良い睡眠の為に出来る事とは?

ぐっすり眠る為に出来る事は?


せっかく高額で上質なベッドを持っていても、睡眠の基本的な知識がないと意味がありません。

ですから、快眠するためのポイントをいくつか挙げていきましょう。
誰にでも有効という訳ではありませんが、覚えておいて損はありません。
試せそうなことがあれば、今日から試してみてください。


当たり前ですがカフェインはNG


まず、最初のポイントは、眠る前にコーヒーや紅茶などのカフェインを取ってはいけないということ。
これは誰でも知っていますよね。

目を覚ますには有効な手段ですが、カフェインを摂取してすることは、脳を活性化させて原因となってしまいます。
ですから、もし眠る前に何か飲むのであれば、ホットミルクなどが良いでしょう。
ちなみに「ホット」というところも寝る前に身体を温めるための大切なポイントです。

食べてすぐに寝るのはNG


また、満腹状態でベッドに入るのも快眠にはよくないとされています。
これについても昔から食べてすぐ寝ると太るだとか、牛になってしまうなどの言われがあるので、実行する方は少ないかもしれませんが、満腹状態で眠ろうとしても、胃の中の食べ物を消化しようと脳が活発に動いてしまいます。
つまり脳が寝てくれないため快眠することができないというわけです。


本当は空腹状態で就寝するのが最も快眠しやすいそうです。
ただ、お腹が空いていても逆になかなか眠れないですよね。
そんな時もホットミルクでお腹を満たしましょう。


カフェインを摂取すること、満腹状態で寝ること、どちらも脳が覚醒してしまうことがよくないのです。
快眠には脳が休むことが大前提だと覚えておいてください。


快眠を得るためには脳を休めることが大前提

身体のどこかが動いてしまうと、それに伴って必ず脳も活性化します。
というより、身体が動くということは脳が動いているからにほかなりません。
ですから、快眠を得るためには脳を休めることが大前提だと理解して、身体のどこかを動かさなければならない状態を避けていくことが大切なのです。


ちなみに、不要な寝返りを減らしたいというのも、実は脳が休息する時間を長くしたいからです。
毎日の快眠のために、脳がしっかりと休める身体の状態と環境を作るようにしましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. リバーブル6000S
    シーリーとコラボしたリバーブル6000S ニトリのマットレス、リバーブル6000Sはニトリで販…
  2. 不眠症 症状 男性
    不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。 …
  3. 不眠症 原因 症状
    認知行動療法(CBT-I)が推奨されている不眠症の治療法 不眠症の治療では、その治療方針を決定…
  4. 睡眠障害
    睡眠不足とは、日々の睡眠が十分でなく、よく眠れていない状態のことをいいます。 ただ、睡眠には人…
  5. エアーSI
    表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」 日々のセルフケアを目的に開発され…
ページ上部へ戻る