スイートピローソフトの口コミと評判は?【サータ】

スィートピロウ

サータのリーズナブルなモデル「スイートピローソフト」


全米ホテルベッドシェアNo.1の品質と実績を誇るベッドメーカーのサータ社から販売されている『iSeries(アイ・シリーズ)』という名のマットレスシリーズ。
これは、新開発の「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」を詰物に搭載したマットレスであり、スイートピローソフトはそのシリーズの一つです。

このシリーズの中では、ファームピローソフトと同じく、最高価格のマットレスとなります。


バランスの良い荷重分散、耐久性が魅力のスイートピローソフト


『iSeries(アイ・シリーズ)』では、「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」とポケットコイルの組み合わせによって、寝心地の良さを追求していますが、スイートピローソフトではサータ独自の3ゾーンポケットコイル交互配列を採用。
腰掛けるケースの多い両サイド2列と、加重が一番かかる腰・臀部に、少し太めの線径2.0ミリのポケットコイルを使用し、腰掛け時の落ち込み防止とバランスの良い荷重分散、耐久性の向上を実現しています。


「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」とは、特殊なジェルを組み込んだ新開発のメモリーフォームで、いろいろな優れた特徴をもった詰物素材です。
優れた体圧分散性を持ち、特に圧力のかかりやすい腰・臀部を中心にして、バランスの良い体圧分散を促進します。


その他に、マットレス内部の通気性を向上させる、3列のヘルシーエアーレットをマットレス側面に設置。
また、サータ独自のキルティングパターン、「ジャンプキルト」を採用、さらに、ファイヤーブロッカーが標準装備されており、難燃性で安全性の高いマットレスとなっています。


スイートピローソフトの価格、他のとの違いは?


価格は¥210,600(パーソナルシングル、1トップ)で、ファームピローソフトと同価格となっています。

違いは詰物が15層でファームピローソフトより1層増えていることと、ポケットコイルの配列がファームピローソフトが5ゾーン交互配列で異なっていることです。
どちらを選ぶかは、もう個人の好みの問題ということになるのではないでしょうか。



同じ寝心地で更に良いおすすめのマットレスが「雲のやすらぎマットレス」

このサータのスイートピローソフトを探している方なら、マットレスの予算は20万円前後(シングル)でしょう。


もちろん、このサイト的にはサータのスイートピローソフトもおススメなんですが、実はもっともっとお勧めのマットレスがあります。


その名も「雲のやすらぎマットレス」。
なんと13層の詰め物を採用し、なんと27cmもの極厚マットレスなんです。
高反発タイプにも関わらず、ふっくらと優しい寝心地が魅力的です。


>>詳細はこちら


そして何よりも「腰痛&ヘルニアに最適」という最大の特徴があります。
これだけの寝心地、性能を秘めていて10万円以下で買えてしまうのは本当に驚きです。


ぶっちゃけシーリーやシモンズ、サータ・フランスベッドの20万円以上のマットレスクラスのポテンシャルを秘めています。


正直、15万円出してサータのスイートピローソフトを買うなら10万円で「雲のやすらぎマットレス」を購入したほうが良いでしょう。




>>詳細はこちら





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. エアーSI
    表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」 日々のセルフケアを目的に開発され…
  2. 30歳女性です。現在使用しているのはモットンのモットンシングルで夫婦共に愛用しています。 以前…
  3. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  4. ベッドにするメリット
    評判が良すぎる?高反発マットレス「モットン」とは? 身体を高い反発力で支え、自然な寝返りをサポ…
  5. やわらかめの硬さのテンピュールマットレス NASAの公式認定を受けた唯一のマットレス・ピローブ…
ページ上部へ戻る