シーリーのJPチタンコレクションの特徴と弱点・デメリットとは?

高反発マットレス 口コミ 評判

シーリーのJPチタンコレクションっていいの?


シーリーではここ数年のうちに、最もスタンダードだったジャパンプレミアムとチタンコレクションが統合され、JPチタンコレクションという新しいシリーズに生まれ変わりました。
JPチタンコレクションにカテゴライズされているマットレスは

  • ロンドⅢ
  • エバンスⅡ
  • ラグラスⅡ
  • クラリスⅡ(Firm・Plush)
  • ライラックⅢ(Firm・Plush)

の5型7種類。

全てのモデルに共通しているのはタイタニウムコイルが搭載されていること。
タイタニウムコイルとは微量のチタンを配合することで、よりソフトで強度のたかいシーリー独自のコイルのこと。

つまりよりソフトなものを目指していくなかで耐久性をどうするか考えたときにチタンを配合しようとなったわけです。

弱点をチタンで補う方法を採ったシーリー


よりソフトを目指すとどうしても耐久性が弱くなる。
シーリーはその弱点をチタンで補う方法を採ったのです。


シモンズもより柔らかい線径1.7㎜のポケットコイルを作る際には硬化処理を施しています。

やり方は違えどよりソフトで強度の高いコイルを作っていることに変わりありません。
このことから分かることは、今のベッド業界はより柔らかくより強度の高いマットレスを作ろうとしているということです。


タイタニウムコイルにしても、線径1.7㎜のポケットコイルにしてもより体圧分散性を高めることが目的になっていると思われます。よりソフトなコイルを作る意味はそこしかないからです。

耐久性に優れているシーリーのJPチタンコレクション


ちょっと話がそれましたが、シーリーのJPチタンコレクションに搭載されているタイタニウムコイルはソフトで耐久性に優れています。

しかも、荷重によって反発力が変わるので、体格がいい人でもしっかりと支えてくれます。つまり体格や体重にかかわらず誰にでも合わせることができるのです。


あとの違いは基本的にはクッション材の質と量です。コイルの向きもモデルによって異なりますが、体感ではあまり分からないかもしれません。


JPチタンコレクションのお値段は220000円から125000円までと幅広く展開されています。グレードが高くなればクッション材も増えていきます。
予算を考えながら寝心地を比較してみましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  2. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  3. モットンとマニフレックスを徹底比較! 最近大人気の敷きタイプのマットレス。 エアウィーヴが火…
  4. air01
    深く上質な眠りをサポートする西川のAir01シリーズ さまざまな角度から眠りを研究して開発され…
  5. muji マットレス
    無印良品の脚付マットレスは良コスパ!! 脚付マットレスで合わせるパーツによってはこれはベッドに…
ページ上部へ戻る