ベッドを処分する最も簡単な方法は

ベッドの平均寿命は?


ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。

ベッドは決して安い買い物ではありませんので、長く使えるにこしたことはありません。
ただ寝心地の悪いベッドが長く使用できたとしても嬉しいものではありませんよね。

ですので、やはりベッド選びは寝心地こそが大事なのです。
耐久性というのは寝心地のよさがあってこそ生きてきます。

人生の3分の一はベッドと言われていますし、良い睡眠は起きている時間をより良くするものでもあります。
もし、今のベッドや敷布団で快眠できていないなら、良いものに変えることをお勧めします。


ベッドの耐用年数・寿命は何で決まる?


ベッドの耐用年数というのはコイルの質や中身のクッション材の質に大きく影響します。
ベッドの寿命は、スプリングの形状も様々なので一概には何年とは言えませんが、10年~20年くらいが平均でしょうか。

しかし最近では25年保証のマットレスも販売されているので、驚きです。
寝心地がよければいいのですが、寝心地が悪いベッドが25年も持ってしまったら、それこそいい迷惑です。
ベッドは耐久性ではなく、まずは寝心地を考えて選んでください

使用しなくなったベッドの処分はどうすればいい?


では、寝心地を求めてベッドを買い替える時、使用しなくなったベッドの処分はどのように行えばいいのでしょうか。

現在の日本では残念なことに中古家具の市場はほとんど存在しません。
ヤフーオークションなども活発ですが、ベッドや家具などは送料も高く、保管も難しいため、なかなか厳しいのが現状です。


ですから再販することはほぼ不可能に近いと思います。
仮にできたとしても、中古のマットレスは使用したくないですよね。


家具のなかで最も中古の使用に向かないのがベッドかもしれません。
ただ、ほとんど使用されていないベッドならば、近所のリサイクルショップに問い合わせてみる価値はありそうです。
それでも二束三文だとは思いますが。

ベッドを処分する最も簡単な方法は・・・


ベッドを処分する最も簡単な方法は、新しいベッドを購入した家具屋さんで引き取ってもらうことです。
大手の家具屋さんならほとんど対応しているので、値段も合わせて確認してみるのがよいでしょう。

もし、それも利用できない場合は、行政処分を検討することになります。

しかし、スプリングの有無など、行政によって条件が異なるため、注意事項をしっかりと確認する必要があります。
また、結構高額な金額がかかると思われます。

先に処分費を確認するようにしましょう

ベッドは捨てるだけでもお金がかかってしまいます。
ベッド選びの際は、寝心地がよく、しかも長く使用できるものを選ぶようにしましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 睡眠時間
    日本人の近年の平均睡眠時間をみてみると、年々減少傾向にあります。 理想の睡眠時間として「1日8…
  2. モットン
    高反発マットレス「モットン」の口コミは嘘? 最近マットレス業界の中で風雲児ともいえる高反発マッ…
  3. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  4. 雲のやすらぎマットレス
    通販で大人気の13層やすらぎマットレスってどう?価格は? 通販で大人気かつ、口コミや評判が抜群…
  5. 不眠症 原因 症状
    認知行動療法(CBT-I)が推奨されている不眠症の治療法 不眠症の治療では、その治療方針を決定…
ページ上部へ戻る