日本ベッドをリーズナブルな激安価格で買うコツは?


家具の場合、特にベッドは小売店によって同じ商品でもお値段が違うということもよくある話です。
インターネット販売が最も安いというわけでもありません

実は意外と高かったりします。
あの世界のアマゾンも家具やベッドはまだまだ取り扱い店舗が少なく価格競争がおきていないのが現状です。
デパートの外商さんもあまり安くないこともあります。


こう考えてみると家電よりもベッドのほうが価格差は大きいかもしれません。
ベッドをできるだけ安く購入しようと思ったら量販店や近所の家具屋さんに足を運び価格を比較するしかありません。
数万円の差になることもありえるので面倒くさがらず家具屋さんをまわってください


日本ベッドの場合、そこまでマットレスの種類もなく、おそらく?オリジナルマットレスもありません。
ですからお値段の比較は比較的容易だと思います。


シルキーマットレス、ビーズポケットなどが代表的ですが、大型の家具量販店なら販売されています。

目標は日本ベッド定価の20%以上のお値引き。
できればもうちょっと安く買いたいところです。


型が決まっているため同じ商品を色々な家具屋さんで販売することになるため値引き交渉は楽なはず。

最安値で購入できる小売店を探しましょう。
設置料金、配送料金もしっかり確認してください。


ベッドは大型家具なのでこのあたりでも差がでてきます。
総額でいくらなのかを確認しましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 不眠症 原因
    なかなか入眠することができない早朝覚醒 早期覚醒とは、起床したい時刻よりも早い時刻に目が覚めて…
  2. ベッド買うならマクラも一緒に買いましょう! ベッドを買い替えたのに、枕は今までのものをそのまま…
  3. 30歳女性です。現在使用しているのはモットンのモットンシングルで夫婦共に愛用しています。 以前…
  4. カビ対策
    マットレスも無印良品のスプリングマットレスシングルサイズを合わせて使用しています。 最初に購入…
  5. 不眠症 症状 男性
    不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。 …
ページ上部へ戻る