Jコンセプト SFF-JUXの口コミと評判は?【アスリープ】

SFF-JUX

アスリープのスタンダードモデル「Jコンセプト SFF-JUX」


アスリープで提供されている、日本人の生活文化と気質に合い、さらに、一人ひとりに好みにもぴったり合ったマットレスを、というコンセプトのJコンセプトシリーズ。
その中でSFF-JMXと並び、スタンダードとされているのがSFF-JUXです。


Jコンセプト SFF-JUXの性能・機能は?


SFF-JMXと同じくファインレボが採用されており、一つひとつ独立したファインレボが、体全体を包み込むように支え、体圧を分散します。
また、ファインレボはリサイクルできる素材のため、分別廃棄が可能で、地球にやさしい素材となっています。


さらに、ファインレボはフレックスバッグというバッグまとめて入っているため、それのみを交換する事も可能で、メンテナンス性も良くなっています。
この、フレックスバッグは「背・腰側」「足側」の2つに分かれていますが、3ヵ月に1度を目安にフレックスバッグの向きを変えるようにすれば、寝心地は約10年間ほとんど変わらないそうです。

SFF-JMXとの違いは?


SFF-JMXとの違いはアッパーカバーが付いていることです。四季がある日本の気候に合わせて、季節に合わせて使用できるよう、取外しが簡単になっています。
もちろん、このアッパーカバーも水洗い・日干しが可能となっています。


また、SFF-JMXと同じくリバーシブルベースが採用されているため、マットレスの固さをいつでも4通りに調整することが可能で、体格や寝方が変わっても長く使用することができます。



価格は199,000円(シングルサイズ(アッパーカバー1枚付き))で、このセットではニットのアッパーカバーが付いています。
季節の変化に合わせて、可能であれば、季節ごとにマットレスも変えるようにしたいという方におすすめしたいです。






腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. やわらかめの硬さのテンピュールマットレス NASAの公式認定を受けた唯一のマットレス・ピローブ…
  2. ベッドを処分する最も簡単な方法は
    ベッドの平均寿命は? ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。 ベッド…
  3. 睡眠障害
    若い成人、または青年期の段階で発症することが多い過眠症とは? 過眠症とは、睡眠時間を多くとって…
  4. モットンとマニフレックスを徹底比較! 最近大人気の敷きタイプのマットレス。 エアウィーヴが火…
  5. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
ページ上部へ戻る