JコンセプトWARM SFF-JMXの口コミと評判は?【アスリープ】

「ヒーター」を搭載するJコンセプトWARM SFF-JMX


アスリープで提供されている、日本人の生活文化と気質に合い、さらに、一人ひとりに好みにもぴったり合ったマットレスを、というコンセプトのJコンセプトシリーズ。
その中で、「ヒーター」を搭載することで、寒い冬でも快適な眠りにつくことができるのが売りとなっているのが、JコンセプトWARM SFF-JMXです。


JコンセプトWARM SFF-JMXの機能・性能は?


JコンセプトWARM SFF-JMXでは、マットレス内のファインレボが入っているフレックスバッグの下の足元側に「快温バランスヒーター」が搭載されています。
そのため、暖かさがまず、フレックスバッグ内のファインレボに伝わり、それから、自然な柔らかい暖かさが、下半身から徐々に体全体へと伝わっていきます。


ベッドサイズがダブルサイズ以上になった場合は、個人の好みに合わせて、左右それぞれで温度設定を変更することが可能です。
また、ヒーター使用による電気代は、月額約140円であり、経済的です。


(室温約10℃の下、温度設定「高」で、保温性の高い掛けふとんを使用した場合)Jコンセプトシリーズでは、ほぼ基本装備となっているリバーシブルベースも採用されているため、マットレスの固さをいつでも4通りに調整することが可能で、体格や寝方が変わっても長く使用することができます。

メンテナンスもしやすいJコンセプトWARM SFF-JMX


また、日本人の「ふとんを干す」という清潔好きな文化にあわせた、マットレスのオーバーカバーやアッパーカバーが日干し・水洗いできる機能も標準装備となっています。

価格は価格は\225,700(シングルサイズ(アッパーカバー1枚付き))で、このセットではニットのアッパーカバーが付いています。
ヒーターが搭載されている分、かなり高額となっていますが、寒がりな方や、冷え症で冬はなかなか寝付けないという方におすすめしたいです。






腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. air01
    深く上質な眠りをサポートする西川のAir01シリーズ さまざまな角度から眠りを研究して開発され…
  2. 不眠症 原因 症状
    中途覚醒とは、睡眠時間中に何度も目が覚めてしまう不眠症の症状の1つです。 人間は睡眠時に、ノン…
  3. ベッドを処分する最も簡単な方法は
    ベッドの平均寿命は? ベッドを選ぶ際に最も重要視すべきことは、やはり寝心地です。 ベッド…
  4. 睡眠時間
    日本人の近年の平均睡眠時間をみてみると、年々減少傾向にあります。 理想の睡眠時間として「1日8…
  5. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
ページ上部へ戻る