Air SI(エアーSI)の評判と口コミは?【西川】

エアーSI

表面には約1860個という大量の凹凸が特徴の「AIR SI」


日々のセルフケアを目的に開発された西川のマットレス「AirSI」シリーズ。
高い体圧分散力によりどんな姿勢でも最適なバランスで全身を支えることで、その人に合った理想の睡眠環境を提供します。


Air SI(エアーSI)の特徴は?


表面には約1860個という大量の凹凸がほどこされています。
これは正直ものすごい数です。

この凹凸が体圧を分散し、圧迫感を軽減するとともに血行をスムーズにしてくれます。
その結果、不要の寝返りを減らすことができ熟睡が期待できるのです。

また体の沈み具合を調整するベース部により、肉体的にも負担の少ない寝心地を実現しています。
高いクッション性を持つ「3×3ブロック」は、3×3個の点による凹凸構造を持った各ブロックが独立して全身をサポート。

しっかりと体のラインにフィットするので寝返りも快適で、横向き姿勢を取ったときにも楽に眠ることができます。


また「X Cross Slit」にも注目です。
ウレタンの通気を良くするためにクロス状に入れたスリットは、汗や湿気を素早く発散し快適な眠りを演出するだけでなく、マットレスのお手入れも簡単にしてくれました。
湿気にくいというのも実は寝心地に大きく影響してきます。

湿気にくいことで汗による不快感は軽減され、快眠しやすくなるのです。


選べるAir SI(エアーSI)の寝心地は?


「AirSI」シリーズでは2つの弾力が選択可能です。
点による支えが特徴の「ハード」タイプは、アスリートなどからも支持を集めています。またソフトな感触とサポート感を得られる「レギュラー」タイプは最もスタンダードで、幅広い年代の人から人気を集めています。

また畳や床に直接敷く場合や、ベッドマットレスに重ねて使う「マットレスタイプ」は9センチ厚、単体でベッドに使用する「ベッドマットレスタイプ」は14センチ厚となっており、一人ひとりのお部屋の状況や睡眠環境に適したものを選ぶことができます。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. 睡眠時間
    日本人の近年の平均睡眠時間をみてみると、年々減少傾向にあります。 理想の睡眠時間として「1日8…
  2. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
  3. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  4. カビ対策
    マットレスも無印良品のスプリングマットレスシングルサイズを合わせて使用しています。 最初に購入…
  5. 不眠症 症状 男性
    不眠症とは、自分の都合によって眠り続けたり、入眠することができない睡眠障害のことをいいます。 …
ページ上部へ戻る