ポケットコイルの老舗メーカー[シモンズ]おすすめのマットレスは


シモンズは隣で寝ている人の寝返りなど、揺れがきにくいポケットコイルの老舗メーカーとして有名です。
マットレスの種類が多いメーカーではありませんが、それでもかなりの数が販売されています。そのなかでもおすすめのマットレスをご紹介していきましょう。


ゴールデンバリューとニューフィットという2つのマットレス


まず、シモンズには大きく分けて、ゴールデンバリューとニューフィットという2つのマットレスが販売されています。

快眠を目指すのであれば、やはり通常のゴールデンバリュー以上を望みたいところです。
ゴールデンバリューは量販店モデルも販売されているのですが、クッション材が通常にくらべると少なめで、連続キルトなので、ポケットコイル以外での体圧の分散力は望めません。お値段は8万円前後とやや安めですが、どうしても硬さが残り、寝心地はそこまで期待できません。

ちなみに、先ほど挙げたゴールデンバリューとニューフィットですが、どちらもクッション材の量は同じでポケットコイルの長さも6.5インチと同じです。

では、ゴールデンバリューとニューフィットの違いはどこにあるのでしょうか。
答えはコイルの線径の違いにあります。コイルの鋼線の太さが異なるのです。


コイルの鋼線の太さ=寝心地の差



太い方(線径1.9mm)がゴールデンバリュー系で、細い方(線径1.7mm)がニューフィット系と分類されています。
ニューフィット系の方が細いのですが、硬化処理が施されていて、決して細いから耐久性が弱いなどということはありません。

鋼線が太い方がポケットコイルは硬くなるため、寝心地に関していえば、ゴールデンバリューの方が硬めです。

ですから、身体を支えてくれる力と体圧分散性のバランスを考えると、体格が良くて体重の重い人には、しっかりと体を支えてくれるゴールデンバリュー系を、女性で体重が軽い人にはニューフィット系がおすすめです。

さらにグレードが上がるとピロートップ型のマットレスになるのですが、クッション材も増えるためフィット感がより高くなり、よりソフトで優しい寝心地となります。
体重の軽い人でも体圧分散性が高く快眠が期待できるため、ゴールデンバリューピロートップはおすすめです。ご夫婦で同じマットレスにしたい人にはよりおすすめです。



同価格帯で体格の良い男性ならば、シモンズエグゼクティブというマットレスがおすすめです。



エグゼクティブは7.5インチという高さの高いポケットコイルを使用しているので、コイルの可動幅が大きく、支持力も体圧分散性も高くなり、シモンズのマットレスのなかでもトップクラスの寝心地を誇ります。
しっかりと身体を支えながらも、体圧の分散力は抜群で、クッション材も多く使用されています。


せっかくシモンズのマットレスを購入するのであれば、やはりシングルでも10万円以上は予算をかけたいところです。
特にピロートップ以上のマットレスに関しては、他社メーカーでも、なかなかこのような寝心地を味わうことはできません。

<シモンズのおすすめマットレス>

体格の良い人・普通の体形の人・・・
ゴールデンバリュー
ゴールデンバリューピロートップ
シモンズエグゼクティブ

体重の軽い人・・・
ニューフィット
ゴールデンバリューピロートップ
シモンズエグゼクティブニューフィット





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. HAFSLO
    使い心地の良い家具の多かったIKEAでマットレスを購入することにしました。 結婚当初にネッ…
  2. ベッドにするメリット
    評判が良すぎる?高反発マットレス「モットン」とは? 身体を高い反発力で支え、自然な寝返りをサポ…
  3. やわらかめの硬さのテンピュールマットレス NASAの公式認定を受けた唯一のマットレス・ピローブ…
  4. 睡眠障害 女性
    過眠症とは、日中に過剰な眠気を感じたり、それによって日中に過度の睡眠をとってしまうことが、日々繰り返…
  5. カーボラックス 西川
    ウレタン素材にカーボンを練り込んだ西川のムアツ布団 ムアツ布団は旅館に泊まった際に、とても寝心…
ページ上部へ戻る