ベッドのマットレスはまず体格や体重で選ぼう♪

それは人それぞれ体格や体重が違うこと。

体格や体重がとっても大事なマットレスの選び方


マットレスの選び方は非常に複雑な要素が絡み合い、自分に合ったものを購入できている人は多くありません。
あまり購入したこともなく、ほとんど寝比べてみたこともないのに、根拠のない好みで選んでいる人も少なくはありません。


最近マットレスは体圧分散という言葉が流行りで当サイトでも多用しています。


ただ、体圧分散を無視して選ぶことはできません。
寝返りのメカニズムが明らかになり、不要な寝返りが熟睡を妨げていることがわかってきた今、それを減らすには部分的な鬱血状態を少なくするしかないのです。
そのためには身体を正しい姿勢で沈めて、マットレスと身体の隙間をなくすことが求められています。


最近の高額なマットレスはどれも従来より柔らかい感触になっているのはそのためです。
ただ、ここで一つ問題があります。


それは人それぞれ体格や体重が違うこと。


同じマットレスでもどの程度身体が沈むかは人それぞれ異なるのです。
体重の重い人はある程度コイルを押し込むことができますが、軽い人はコイルの反発力に負けてしまいます。

お尻の大きな人もいれば、肩幅の広い人もいる。
人の体型は様々です。


ベッドの選び方に正解がないのはそのためで、一概にこのベッドマットレスがいいとは言えないのです。
ご自身に合ったマットレスに出会うには、まずご自身の体型を理解すること。

ベッド屋さんは太っているからこれがおすすめとはいいにくいですよね。
ですから自分で分かって選ばなくてはなりません。


快眠のためには、ご自身の体型を理解した上で、その体型に合ったマットレスを選びましょう。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. ライラック3
    最も安価なモデルがライラックⅢ シーリーベッドのJPチタンコレクションで最も安価なモデルがライ…
  2. muji bed
    今年こそは洋室で寝たいと思い、思い切って寝室の場所を変更しました。 理由は、以前まで畳のあ…
  3. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  4. モットンとマニフレックスを徹底比較! 最近大人気の敷きタイプのマットレス。 エアウィーヴが火…
  5. 日本でのベッドの現状は? 日本でのベッドに対する認識と、ベッドの現状について考えていきたいと思…
ページ上部へ戻る