アルティメイトピロートップの寝心地は?口コミや評判の紹介【シモンズ】

アルティメイトピロートップ

シモンズで最もグレードの高いベッド・マットレス「アルティメイトピロートップ」


シモンズの最高級マットレスといえば、長い間カスタムロイヤルでした。
ところが近年寝心地に対する要求が高まり、この数年の間にさらに上位シリーズが展開されています。


そのシモンズ最上位シリーズがビューティレストリュクスです。
ビューティレストリュクスには3つのモデルがあり、なかでも最高ランクに位置しているのがアルティメイトピロートップ
つまりシモンズで最もグレードの高いベッド・マットレスです。


今では各社同じように、値段が高くなればなるほど、柔らかい傾向にあります。
シモンズも同じで、アルティメイトピロートップはシモンズのマットレスのなかでもかなりソフトな感触です。


アルティメイトピロートップのスペックは?



アルティメイトピロートップのスペックを見ていきましょう。
まず使用されているポケットコイルは高さ8.25インチとシモンズでは最も高め。
コイルの線径は1.7mmでニューフィット系です。このグレードでは1.9㎜は使用されていません。


つまり、ハイグレードなものほどソフトな感触が求められていることが分かります。


そして最も高さのあるポケットコイルの上に膨大なクッション材が充填されています。
アルティメイトピロートップではソフトウレタンや波形に加工されたプロファイルウレタンの他にラテックスとメモリーフォームと呼ばれる素材が入っています。


アルティメイトピロートップの特徴はまさにここ。
分かりやすくいえばラテックスは高反発、メモリーフォームは低反発ですから、高反発素材と低反発素材の両方が充填されているのです。

体圧分散性に優れ、しかもしっかりと身体を支える究極のベッドです。

アルティメイトピロートップの寝心地は確かに柔らかいのですが、お尻が沈みこむような嫌な柔らかさではありません。


ピロートップでフィット感は抜群で、ソフトな感触のなかに身体を押し返す力も感じます

さすが日本のシモンズ。
日本人が最も馴染みやすく抵抗感の少ない絶妙な寝心地を実現しています。

アルティメイトピロートップのデメリットは?



ちょっと残念なのはビューティレストリュクスにはセミダブルとクイーンサイズしかないこと。
オーダーは可能みたいですが、ラクジュアリー感を演出するためなのか、サイズ展開は絞っています。



アルティメイトピロートップのお値段はセミダブルでマットレスが561600円。
やはりシモンズで最も高額です。


そしてこのクラスを選ぶなら、そのスペックを最大限引き出してくれるダブルクッションがおすすめ。
引き出し付きのベッドフレームは選ばないようにしましょう。


とにかく予算ではなく寝心地こだわりたいならシモンズのアルティメイトピロートップは絶対におすすめのベッドです。


同じレベルの寝心地で更に良いおすすめのマットレスが「雲のやすらぎマットレス」

このシモンズのアルティメイトピロートップを探している方なら、マットレスの予算は50万円前後(シングル)でしょう。


もちろん、このサイト的にはシモンズのアルティメイトピロートップもおススメなんですが、実はもっともっとお勧めのマットレスがあります。


その名も「雲のやすらぎマットレス」。
なんと13層の詰め物を採用し、なんと27cmもの極厚マットレスなんです。
高反発タイプにも関わらず、ふっくらと優しい寝心地が魅力的です。

>>詳細はこちら


そして何よりも「腰痛&ヘルニアに最適」という最大の特徴があります。
これだけの寝心地、性能を秘めていて10万円以下で買えてしまうのは本当に驚きです。


ぶっちゃけシーリーやシモンズ、サータ・フランスベッドの20万円以上のマットレスクラスのポテンシャルを秘めています。


正直、50万円出してシモンズのアルティメイトピロートップを買うなら10万円で「雲のやすらぎマットレス」を購入したほうが良いでしょう。



>>詳細はこちら





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. muji bed
    今年こそは洋室で寝たいと思い、思い切って寝室の場所を変更しました。 理由は、以前まで畳のあ…
  2. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
  3. 不眠症 原因 症状
    認知行動療法(CBT-I)が推奨されている不眠症の治療法 不眠症の治療では、その治療方針を決定…
  4. モットン
    高反発マットレス「モットン」の口コミは嘘? 最近マットレス業界の中で風雲児ともいえる高反発マッ…
  5. ベッド買うならマクラも一緒に買いましょう! ベッドを買い替えたのに、枕は今までのものをそのまま…
ページ上部へ戻る