トキオ(TOKIO) スィート

相反する寝心地の両立を目指したマットレス「トキオ(TOKIO) スィート」


弾力性のあるかための寝心地と、包み込むような優しい寝心地、この二つの相反する寝心地が両立しているマットレスはなかなか無いと思います。

昭和3年に創業した、老舗の日本発のベッドメーカーである東京ベッドから販売されている「トキオ スィート」は、その相反する寝心地の両立を目指したマットレスであると思います。



トキオ(TOKIO) スィートの構造、寝心地は?


「トキオ スィート」は高さ6.5インチ(約17cm)のポケットスプリングを使用。トキオシリーズ全てに採用されている、荷重の掛かる部分にはスプリングの線径を太くした配列「腰部補強」と「エッジ補強」を施すことで、体圧分散性と耐久性を高めています。(腰部補強部、エッジ補強部のスプリング線径:2.05mm その他:1.9mm)


コイルの配列は交互配列で、腰にあたる部分と両端のエッジにあたる部分(前述の「腰部補強」と「エッジ補強」)には強度を強くし補強して全体的には3つのゾーンで硬さを変えてあります。
「エッジ補強」では、エッジ部分をぐるりとサポートすることで、かなり重量オーバーの男性が使用しても横揺れのない静かな寝心地を実現しています。


マットレス内部の詰め物には12層もの豊富な詰め物を使用。包み込むような優しい寝心地を実現しています。
これにより、スプリングの硬さと詰め物層のソフト感を実現したやさしい感触のマットレスに仕上がっています。


高温多湿の夏でも清潔で快適な寝心地を体感できるトキオ(TOKIO) スィート


また、マットレス表面はジャンプキルト(ノンキルト)加工をする事で、詰め物層のソフトウレタンと羊毛のクッション性を損なわないように工夫されています。
さらに、高通気ベンチレーションシステムを採用。マットレスのサイドには通気性を高める大きなメッシュゾーンを設け通気性を高めた加工にしています。


その他では、羊毛入り抗菌防臭防虫加工綿を詰め物に採用。
カビ等の発生を防ぎ、日本の高温多湿の夏でも清潔で快適な寝心地を体感できます。


価格は216,000円(シングル)です。
包み込むような優しい寝心地とともに、スプリングの弾力性のあるかための寝心地も求めたいという、寝心地にこだわりを持っている方におすすめしたいです。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. モットンとマニフレックスを徹底比較! 最近大人気の敷きタイプのマットレス。 エアウィーヴが火…
  2. muji bed
    値段は手頃なのに、寝心地がとても良い所 女性、31歳です。使っているマットレスは無印良品のスプ…
  3. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
  4. 女性 悩み
    優良コスパは?おすすめの高反発マットレスを比較してみた。 最近大流行の高反発マットレス。 身…
  5. ベッドにするメリット
    評判が良すぎる?高反発マットレス「モットン」とは? 身体を高い反発力で支え、自然な寝返りをサポ…
ページ上部へ戻る