エクストラハードの寝心地は?口コミや評判の紹介【シモンズ】

エクストラハード

シモンズののなかで、最も表面が硬い「エクストラハード」


なぜ硬いのかというと、ポケットコイルの線径が太いからです。
同じクッション材のニューフィットよりゴールデンバリューのほうが硬いのも同じ理由。

エクストラハードはゴールデンバリューよりも太い線径のポケットコイルが使用されています。
エクストラハードに使用されているポケットコイルの線径は2.1㎜。
他にもポケットコイルを得意とするベッドメーカーはありますが、そのなかでも最も線径が太いコイルです。


エクストラハードの寝心地は?


実際に寝てみると、かなり硬め
一般的な人では身体がほとんど沈みません。

これをしっかり支えられていると思われる人もいますがそれは大きな誤解です。

そもそも身体を沈ませないほどの力で支えるならポケットコイルにする意味はありません。
ポケットコイルの最大のメリットは身体の凹凸に合わせて沈むことだからです。


つまり、ポケットコイルで身体が沈まないほど強く支えることは本末転倒なのです。


ただ、ポケットコイルには弱点があります。
それは身体の大きな人だと、沈みすぎてしまい寝姿勢が崩れること。

エクストラハードがお勧めの方は?


最も比重が高いお尻が下がってしまう恐れがあります。
こうなると最悪で腰痛の原因にもなりかねません。
ポケットコイルのマットレスでは適度に支え、適度に沈みこむバランスが大切なのです。

ですからエクストラハードはゴールデンバリューでも正しい姿勢で支えきれないほど大柄な人におすすめです。
むしろ大柄な人にとっては他社も含めて唯一おすすめできるポケットコイルマットレスかもしれません。

連結スプリングの硬いベッドと、ポケットコイルの硬いベッドではその存在価値は全く違います。
連結スプリングの硬いベッドはとにかく支えるだけ。

とても体重がある人を支えることはできますが、体圧分散性はありません。
寝返りを減らすことはできず、寝心地はよくなりません。ところがポケットコイルで硬いベッドは、体重の軽い人では意味がありませんが、すごく体重のある人が寝ると、その重みでポケットコイルが身体の凹凸に合わせて動きます。
つまり、支えるだけではなく、体圧分散性もあるのです。


これは一般的な体重の人では分かりませんが、とても大柄な人には大きな意味があります。

シモンズのエクストラハードの存在意義はそこにあります。
100キロを超えるような人にとっては、支える力と体圧分散性を合わせ持つ唯一のマットレスなのです。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. カビ対策
    マットレスも無印良品のスプリングマットレスシングルサイズを合わせて使用しています。 最初に購入…
  2. Nスリープ S2
    ニトリが最も力を入れているのはNスリープ 最近ベッドに力を入れているお値段以上のニトリ。 少…
  3. air01
    深く上質な眠りをサポートする西川のAir01シリーズ さまざまな角度から眠りを研究して開発され…
  4. 30歳女性です。現在使用しているのはモットンのモットンシングルで夫婦共に愛用しています。 以前…
  5. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
ページ上部へ戻る