6畳もあれば

結論から言ってしまうと快眠のためにはベッドは大きいほうがおすすめ


近年はマンションやアパートなどの集合住宅の増加により、5畳や6畳といった間取りが多くなってきています。そ
のためどうしても寝室に広さがとれず、大きなベッドを置くことが困難になってきています。


ご夫婦であれば、本当はセミダブル2台やダブル2台をおすすめしたいところですが、あまり現実的ではありません。
寝室が、10畳から12畳あったとしても、なかなかここまでの広さのベッドを置くことはないですよね。
そこでおすすめなのがシングル2台を並べて置くことです。


快眠のためにはまずは広さが重要


日本ではキングサイズはシングルベッド2台を並べた大きさのことを指すのですが、おすすめがこのキングサイズとしてシングルベッド2台を使用すること。
2メートル×2メートルの正方形になりますが、これが見た目にはかなり大きいのです。


夫婦では性別も違えば、体重も体格も全く異なります。
快眠のためにはまずは広さが重要だと最初に書きましたが、もちろん実際の寝心地を決めるマットレスとの相性も大切です。


シングルベッド2台であれば、男性と女性でそれぞれが自分に合ったマットレスを選ぶことができます。
2台並べて広さを感じながら、マットレスも自分にぴったりのものを使用することができます。

シングルベッドを2台並べて快眠!


また、シングルベッドを2台にすることにより、取り合いだった掛け布団も2枚に分けることが可能です。
女性は冷え症で寒がり、男性は暑がりなんていうのはよくある話ですから、本来、掛け布団も分けたほうが、より快眠が期待できます。

ツインスタイルと呼ばれるシングルベッド1台を離して置く場合だと、どうしても狭く感じてしまい、また寝相のことを考えると落ちてしまった時の心配もでてきます。
ですから、できることならシングルベッドは2台を並べることが理想的です。
より広く感じ、心理的にも安心感を得ることができます。
この安心感というのが快眠には意外と重要なのです。


部屋は狭くなってしまうけど・・・


ベッドを広くすることで、確かに部屋は狭くなってしまいます。
圧迫感もでるかもしれません。ただ、寝ている時には圧迫感を感じることはまずないので、
それならば、より快眠を求めるためにも、大きなベッドを置くことが理想的なのです。

6畳もあればシングル2台オッケー


6畳もあればシングルベッド2台を並べて置くことは可能です。
快眠することを第一に考えるのであれば、6畳以下の広さのお部屋でもダブルサイズと最初から決めず、シングル2台を置けるか確認してみるべきです。

シングル2台並べると幅は約200cmになってしまいますが、仮にダブルベッドを置いたとしても、140cmですから、その差はわずか60cm
60cmのスペースに置けるものは限られています。本当に置かなければならないものであれば仕方ないですが、そうではないのであればまずはベッドを広くすることを選択しましょう。

快眠することが最も重要。収納よりもまずは快眠。

それだけベッドが大きいことにはメリットがあるのです。





腰痛対策マットレス第1位 34582個突破【モットン】公式サイトはコチラ


関連記事

ブランド一覧

fb simmons sealy serta japan

ピックアップ記事

  1. サータスーペリアデイ
    サータのポケットコイルマットレス「サータスーペリアデイ」 全米ホテルベッドシェアNo.1ブラン…
  2. ノンレム睡眠 レム睡眠
    睡眠に関する基礎知識がないと快眠することはできません 今回はベッドやマットレスの選び方とは関係…
  3. ポケットコイルマットレスの特長は、高い体圧分散力と揺れが少ないこと はじめに、ポケットコイルっ…
  4. サータポスチャーノーマル
    私が使っているベッド・マットレスは「シーリー」です。 シーリーはアメリカで創業約130年の歴史…
  5. モットンとマニフレックスを徹底比較! 最近大人気の敷きタイプのマットレス。 エアウィーヴが火…
ページ上部へ戻る